header
遠図はみなさまのコミュニケーションのお手伝いをいたします
遠図は創業以来、よりよいコミュニケーション活動を、みなさまと一緒に築けるよう Principles を貫いて、一人ひとりが志を持って活動しています。

遠図は具体的な成果、納期、コストを明確にコミットし、その達成のために行動する集団*1を目指しています。

そのためには、プロデュースおよびコーディネート、さらにプランニングからディレクションといった一連の流れを掌握し、成果を挙げるプロフェッショナルの集団になる必要があります。

より高い次元で解決策を見出し、実行していくことにより、みなさまの飛躍をお約束いたします。



(*1)

■ent.の目指す組織は「学習する組織」

戦略は組織に従い、組織は人材資源(Human Resource)に依存する
というRBV(Resource Based View)経営マネジメントを信じるent.は、保有する人材資源で構成する組織づくりを大変重要視しています。

ent.の組織づくりのメインコンセプトは「学習する組織」です。

「学習する組織」は、以下の7つの課題を実践することにより創造されます。

これら7つの課題の実践は、外部環境に対応しながら、最適の意志決定を繰り返していかなければならない ent.の現在と未来にとって、大変有用な活動であると考えています。

ent.は全ての社員を「学習する組織」の一員として捉えています。
従ってent.では社長を含め社員はすべて「セルフ・ディレクテッド・チーム」のメンバーとなります。

(1)組織における「知識と情報」の共有化
(2)組織における「思考技術」の共有化
(3)組織における暗黙知&暗算思考の「明文化&筆算化」
(4)メンバーの「セルフ・マネジメント」を前提とした「セルフ・ディレクテッド・チーム」の創造
(5)メンバー同士がパーソナル・プロフィール・レベルで充分に知り合った上での「リーダー・シップ」
        の発揮
(6)メンバーに対する定量的および定性的な「人材評価」と日々の「フィードバック」
(7)メンバー全員の「知的生産性」の向上のための学習"


■ent.メンバーは自ら「思考技術」を学習し「思考力」を発揮する

「価値ある、希少で、真似されない、代わりのいない VRINな人材となれ!

組織を構成する人材資源の最小単位はメンバーです。

従って「学習する組織」をつくる7つの課題を実現する最小単位もまたメンバーということになります。

そのような理由から ent.は人材資源であるメンバーをRBV経営における最重要資源と位置づけています。
header
header
三井の研究に協力いたします
経歴:
1949年生まれ。
1972年、株式会社三友新聞社編集局入社。編集局次長、編集局長を経て、2003年社長に就任。
2009年株式会社三友新聞社社長を退任後顧問に就任。
2013年より株式会社遠図の顧問に就任。

三井史を中心に、住友グループ、三菱グループ等の歴史も研究すると共に講演活動も行なっています。